プログラム
ホームプログラム> Part II,III
プログラム(仮)
Saturday, March 2st
Part II: 心臓シミュレータによるテーラーメード医療          
 9:30- 9:45  開会挨拶
永井 良三 (自治医科大学/東京大学)

心臓シミュレータによるテーラーメード医療
          座長 : Jos A.E. Spaan, 杉浦 清了
 9:45-10:25  Multiscale 3D analysis of the Coronary Intramural Arterial vasculature for modeling purposes
Jos A.E. Spaan (University of Amsterdam)
10:25-10:45  心臓・冠循環生理へのフィジオームアプローチ
梶谷 文彦 (川崎医療福祉大学)
10:45-11:25  Patient Specific Computational Models of Dyssynchronous Heart Failure
Andrew D. McCulloch (University of California, San Diego)
11:25-12:05  心臓シミュレータ(UT-Heart)とその臨床応用
杉浦 清了、久田 俊明 (東京大学)

パネルディスカッション          座長: 梶谷 文彦
12:15-13:00  心臓シミュレータによる個別診断・治療の展望と挑戦
久田 俊明、杉浦 清了、 Jos Spaan、 Andrew D. McCulloch
13:00-13:05  閉会挨拶
久田 俊明 (東京大学)


Part III: 臨床研究を支える標準化IT基盤の構築と課題      
14:00-14:10  開会挨拶
永井 良三 (自治医科大学/東京大学)

臨床研究を支える標準化IT基盤の構築と課題
            座長: 山本 隆一
14:10-14:50  保健サービス研究における大規模データの2次利用と意義
John Z. Ayanian (Harvard Medical School)
14:50-15:20  臨床疫学研究における既存データの活用促進
症例登録・電子カルテ情報・診療報酬情報の統合と利用
瀬戸口 聡子 (Duke University)
15:20-15:30  2次利用可能な大規模データセット
日本の現状と課題
橋本 英樹 (東京大学)
15:30-15:50  わが国の大規模診療報酬データを用いた臨床研究
康永 秀生 (東京大学)
15:50-16:10  標準化された医療IT基盤の構築
その技術的課題と政策的課題
大江 和彦 (東京大学)

全体討論
            座長: 橋本 英樹
16:15-16:50  医療情報の標準プラットフォームと共用データセット構築のために何をすべきか
大江 和彦、橋本 英樹、John Z. Ayanian、瀬戸口 聡子、康永 秀生、山本 隆一
16:50-17:00  まとめ
大江 和彦 (東京大学)

<<  Friday, March 1nd   Part I

Copyright© FIRST Program, The University of Tokyo. All Rights Reserved.